格安スマホのススメ

スマホを使っている人の多くはDOCOMO、AU、ソフトバンクといった通信会社のサービスを使っている人が多いと思います。電話・通信サービスを行う企業を「キャリア」といい、先の3社は大手キャリアと呼ばれます。

大手キャリアのサービスはサポートやポイント制度が充実している反面、利用料金は高く2年縛りといった縛りも厳しく設定されています。一方格安スマホは価格が安く、縛りも比較的緩いのが特徴となっています。しかし、

大手キャリアでスマートホンで通話・通信契約をするとスマートフォン本体と通信サービスが一体となっているため、スマホ本体を交換しても通話・通信サービスの契約はそのまま継続となります。

逆にスマホはそのままで他の大手キャリアのサービスに切り替えることもできません。

その理由は通信・通話に用いられるSIMカードがスマホと通信サービスでセットになっているためで、かつてはAUで手に入れたスマホでDOCOMOのサービスを使うことはできませんでした(SIMロック・SIM縛り)。

しかし2015年以降、SIMカード縛りを解除に応じることが義務付けられたため、大手キャリア利用者が手持ちのスマホを、他のキャリアの通話・通信サービスにも利用できるようになりました。

現在ではスマホ本体を購入したキャリアを問わず、好きなキャリアのサービスを使えるようになっています(大手キャリアで購入した端末はSIMロック解除の申請が必要)。

SIMカードとは

SIMカードは通信・通話に必要となる小さな回路(チップ)のこと。あなたの現在使っているスマホの中にも入っています。

SIMカード

SIMカードというと特別なものと思われがちですが、本当に小さなチップで、簡単に取り外しができます。通信会社から割り当てられたSIMカードをSIMフリー端末に挿すことで、電話番号割り当てられ、通信もできるという仕組み。

格安SIMでは、通信専用のみの廉価なものから無料通話がついた通話・通信兼用のものもあり、目的に応じて使うことができます。

  • 通話・通信用
  • 通信専用
  • 通信+SMS番号

通信は最低利用期間の縛りがありませんが、通話SIMでは12ヶ月~24ヶ月の縛りが設定されていることがほとんどです。ただ、最低利用期間の解除料はキャリアに比べて安くなっています。

形状も3種類あるので、手持ちの端末に合ったものを選ぶ必要があります。

  • SIM
  • nano SIM
  • Micro SIM

SIMカードのサイズは後から変更することができますが、手数料がかかります。

MEMO
SIMフリー端末ならSIMを自由に入れ替えることはできますが、端末の利用バンドがキャリアに対応していない場合は通信自体ができないので、確認する必要があります

格安スマホ = SIMフリー端末+格安SIMカード

先述したDOCOMO、AU、ソフトバンクには、キャリアの前に大手とついていることからも分かるように、キャリアには大手でない事業者もあります。

大手でないキャリアは大手キャリアから回線を借りて、通話・通信サービスを提供しています。こういった通信サービス会社をMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼び、大手キャリアよりも安い価格で利用することができます。

MVNOの提供するSIMカードを「格安SIMカード」と呼び、好きなSIMカードが使える「スマートフォン本体」をSIMフリー端末と呼びます。格安SIMカードを提供する通信キャリアは、通信・通話料金を大手キャリアよりも安く設定しているため、通話やネットが安く使えるというわけ。

格安スマホといった場合、通信・通話用のカードSIMとSIMフリー端末両方を意味することもあれば、どちらかだけを指すこともあります。

大手キャリアなら通話・通信と本体がセットなので意識することはありませんが、格安スマホを利用する場合は、格安SIMとSIMフリー端末が必要となります。

格安スマホ = 格安SIM(カード) + SIMフリー端末(スマホ)

カードと本体を別々に用意するのは面倒に思われますが、SIMフリー端末(スマホ)は通信機能のないタブレットのように量販店や通信販売で購入できるため、一度買ってしまえば自分のものとして処分もできます。そのため機種変更も好きな時に行えるという自由度があります。

格安SIMカード(サービス)とSIMフリー端末は大手キャリアと同じく、格安SIMとスマホ本体をセットで購入し、分割払いもできます。ただし、この場合は契約期間の縛りが発生します。

SIMフリー端末

SIMフリー端末は通販やヤマダ電機のような量販店で購入することができます。Kindle や Koboといったタブレット買うのと変わりません。SIMカードなしでも利用できるため、WIFI環境さえあればカメラ・SNS・ゲーム専用機にすることもできます。

スマホを新しくする際も、新しく購入したSIMフリースマホに手持ちのSIMカードを差すだけで通信・通話が行えるようになります。SIMカードを抜いた古い端末をブラウズやSNS専用に流用する人もいます。

SIMフリー端末は1万円台から購入できますが、価格によってもっとも差が現れるのがカメラ性能。とくに夜間の画質に差が表れます。

したがって写真を撮りまくるならiPhoneやエクスペリア一択になります。しかし高いので、iPhoneやエクスペリアを使うなら大手キャリアを使うほうがいいです。

逆にウェブ閲覧やSNSを使うだけなら、2万円以上のSIMフリー端末ならほとんど違いがありません。あとは画面サイズやバッテリーのもちで決めればOK。

SIMフリー端末を選ぶポイントはカメラ性能と価格の兼ね合いと言ってもいいでしょう。

 

シャープ AQUOS sense lite SH-M05

◆Android 7.1(Nougat)
◆約5.0インチ FHD(1920×1080) IGZO液晶
◆Qualcomm Snapdragon 430 オクタコア(クアッド 1.4GHz+クアッド 1.1GHz)
◆メモリ 3GB
◆ストレージ 約32GB
◆対応SIMサイズ : nanoSIM

5インチHD、メモリ3GB、ストレージ32GBと必要十分。

3万円以下で購入できるスマホとして、カメラ性能も◯

Huawei 5.2型 P10 lite SIMフリー

◆CPU:Kirin658, 16nm, 4×2.1GHz+4×1.7GHZ A53, 64-bit
◆OS:Android 7.0 + EMUI 5.1
◆ディスプレイ:約5.2インチ FHD(1920×1080ドット) IPS 2.5Dディスプレイ
◆メモリ:RAM : 3GB / ROM : 32GB(最大128G Micro-SDスロット)
◆カメラ リア:1200万画素
◆カメラ フロント:800万画素
◆バッテリー容量:3000mAh
◆通信速度:国内受信時 最大262.5Mbps / 送信時 最大50Mbps

AQUOS sense liteとほぼ同性能で2万5千円以下で購入できるコストパフォーマンスの良さで大人気。

夜のカメラ性能がだめ。昼は良好。

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04

◆Android 7.1
◆約 5.0インチ HD IPS液晶(720×1280)
◆クアッドコアCPU(1.2GHz)
◆メモリ 2GB
◆ストレージ 約16GB
◆nano SIM カード対応
◆ワンセグ対応、おサイフケータイ対応、Super ATOK ULTIAS搭載

メモリが2G、ストレージが16Gと小さいのがネック。アプリをいくつも開くと足りなくなる可能性が高い。写真画質は良。