魔法使いと黒猫のウィズPC版

黒猫のウィズトップ

「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」はクイズに正解することで、モンスターに攻撃を加えてクエストを進めるカードバトルRPG。

普通のカードバトルRPGと同じくモンスターは一定の間隔で攻撃をしてくるため、クイズに連続で正解してもダメージを受ける。

正解を重ねてもモンスターからの攻撃でカードのHPは減るため、難度が上がるごとに高いレアリティのカードを用意し、進化をさせないと先に進めなくなる。

2013年よりiOSとAndroid版がサービススタート。PC版は2016年9月15日よりYahoo!モバゲーで配信が開始された。9月30日(金)までサービス開始を記念して、リリース記念キャンペーンが開催。

 

必要環境

  • Internet Explorer最新版
  • Firefox最新版
  • Chrome最新版
  • Vivaldi最新版

 

ゲーム画面

黒猫のウィズホーム画面

ステータス

画面左上:ステータス表示

画面左上:ステータス表示

  • クリスタルはゲーム内通貨
  • 魔力は行動力のことで、3分に1回復

パネル

黒猫のウィズホーム画面

デッキの編成やカードの強化・進化は[カード]より行う。デッキは20まで登録可能。一番右の[メニュー]ボタンを押すと下にメニューが開き、ここからオプション設定、詳細なステータス画面フレンド管理にアクセスできる。

メニュー

黒猫のウィズメニューウインドウ

オプション設定

黒猫のウィズオプション設定
[メニュー]-[オプション]よりサウンドオン・オフ切り替えと画質のクオリティ調整ができる。サウンドのオン・オフはゲーム開始画面からもできるようになっている。

9月30日現在のところサウンド設定ではBGMとチャラクターボイスを個別には設定できない

マップ

黒猫のウィズメニューウインドウ

猫缶確認法

過去のイベント情報

ホーム画面で別のイベント情報が表示されていたら、左下の「他のイベント」クリックで過去イベ情報に移動

リリース記念イベントの猫缶の個数確認も可能

カード強化・進化

黒猫のウィズメニューウインドウ

カードの強化・進化は全てドラッグで行う(クリックはそのカードの詳細画面が開く)。強化・進化させたいカードを左側の大きなスロットにドラッグ、強化素材を左側にドラッグ。

強化はレアリティBならば強化専用カードのBでMaxのLv30まで進む。

進化にはレベルMaxのカードと進化素材が必要。進化させたいカードを左側のスロットにドラッグすると、必要となる進化素材が表示される。

足りない分は暗転表示されているので、クリックすれば入手先を確認できる。進化素材はマップの「知恵を宿す森」で入手できるが、得られるものは曜日と難度で異なる。

クエスト

クエスト選択

黒猫のウィズメニューウインドウ
黒猫のウィズメニューウインドウ

各クエストはいくつかのフェーズに分けられており、順次クリアしていく。すべてをクリアすると次のクエストが解放される。クエストには条件が指定されたサブクエストが用意されており、その条件をすべて満たしてクリアすると「complete」、そうでなければ「clear」となる。

リリース記念キャンペーンの「100万モバコインが抽選で当たる」は「トルリッカ」クリアが条件なので、サブクエストは不要ということに。

サブクエスト

黒猫のウィズメニューウインドウ

各クエストにはサブクエストが設定されていて、その条件を満たしてクエストを完遂すればcompleteになる。条件には○体以内、○属性のカードを含まないデッキでクリアといったものがある。

クエスト進行(クイズ)

黒猫のウィズメニューウインドウ

クエストやトーナメントでモンスターとの戦闘は発生すると、ジャンルの選択肢が表示される。出題は「理系、文系、雑学、スポーツ、芸能、アニメ・漫画」の6ジャンル

ついている色は属性のもので、クイズに正解するとその属性の精霊のみが攻撃を行う。複数の色がついている場合はそれぞれの色に応じた精霊が攻撃する。

属性は雷→水→炎→雷の相克関係にある。不正解でもペナルティはないが、ターンが進行するためモンスターからの攻撃を受けることはある。

精霊アイコンの上に表示されているのはスキル使用のマーク。ある程度ターンが進むと使えるようになる。スキルには攻撃や回復ばかりでなく、選択肢を減らしたり、ジャンルを入れ替えたりできるものもある。

キャンペーントルリッカの町クリアまで遊んだ感想

個人的な感想としてはYahoo!モバゲーPC版のインターフェースは洗練されていて、操作性が非常によい。運営のやる気も見えてくる。

ただ、Yahoo!モバゲーユーザとクイズのジャンルがマッチするのかは不明。PCの大きな画面でのカード管理は楽ではあるけれど、このゲームを腰を落ち着けて遊びたいという需要があるかどうか。

サウンドのオン・オフで、ボイスとBGMを個別に切り替えられないのが残念。

 

リリース記念キャンペーン9月30日まで
サービス開始:2016年9月15日(木)
配信プラットフォーム:Yahoo!モバゲー
開発:コロプラ
配信・運営:コアエッジ
魔法使いと黒猫のウィズ[ゲームプレイ]