Puffin Web BrowserでFlashゲームを遊ぶ方法(iPhone,Android)

Puffin

Flash ゲームをスマホでも遊びたい。そう思っても、通常のスマートフォン用ウェブラウザでは遊ぶどころか、内容が表示すらされません。

Flash Playerの提供元であるAdobeがモバイル版Flash Playerの開発を停止してしまったため、通常のブラウザではFlashゲームを遊ぶことができません。ゲームばかりでなく、動画も観ることができません。

スマホでFlashゲームを始めとするFlashコンテンツを再生するためには、Flash Playerを再生させるための特別なブラウザが必要となります。

Flash対応のウェブブラウザにはパフィンウェブブラウザー(Puffin Web Browser)があります。パフィンはiOS(iPhone,iPad)版とAndroid版がリリースされているためどちらの端末でも使うことができます。

AndroidユーザであればドルフィンブラウザーでもFlash Playerを実行できますが、動かないゲームも出てきているので個人的にはお勧めしません。両者の違いはFlashゲームをスマホで遊ぶ方法を参照してください。

パフィンはインストールしただけの初期状態でFlash Playerが動くのでとても手軽です。

Puffinには無料版と有料版のProの二種類があり、無料版では広告が表示されます。それ以外の機能に違いはなく、どちらでもフラッシュゲームを遊ぶことができます。

かつて無料版には時間帯や速度の制限がありましたが、今では差がない人が多いようです。無料版は運や利用環境次第のところもあるので、使ってみて支障がなければ無料版で十分です(Flashの再生量に制限があるようですが、ひかっかったことはありません)。

Puffin Web Browserの特徴

Puffin Web Browserを使うとFlashコンテンツを再生できるようになりますが、その他にも特徴があります。

  1. Flash Playerが使えるようになる
  2. 表示が高速
  3. 画像やストリーミングの品質を調整して通信データ量を減らせる
  4. 仮想マウスパッドと仮想コントローラーが使えるので、デスクトップサイトの操作がしやすい

Puffinのちょっと変わった仕組み

パフィンはFlash Playerコンテンツの再生をサーバで行っており、端末では画面の表示と入力をしているクラウドタイプのブラウザーです。

分かりやすく言えば、パソコン本体はアメリカにあって、モニターだけ手元の端末(スマホ/タブレット)にもってきた状態です。

puffin

フラッシュゲーム自体はサーバで実行されているため、サーバに最新版のFlash Playerが導入されていれば、新しいバージョンでしか動かないようなFlashゲームも遊べます。

最近のフラッシュゲーム、Yahoo!モバゲーやMixi、DMMなどで配信されているPC向けゲームはスマホ用ゲームとの差別化のために凝ったものが多く動作が重いので、基本的な処理をサーバで行うパフィンを使うと快適に遊ぶことができます。

パフィン方式には欠点もあって、通常のウェブページの通信量は減るのですが、Flash コンテンツは例外。画像を手元まで送ってくるためにデータ量が非常に多くなります。通信費には目を光らせる必要があります。

Puffinのインストールと起動

ここではとりあえず無料版を導入します。対応したOSのものをストアよりダウンロードします。

iOS版は新バージョンの Puffin Browser Lite が提供されています。App Store での規約の関係で従来のアプリの更新ができなくなったため、新規アプリとして登録されています。Liteのダウンロードはこちら
Puffin Web Browser 無料版
Google Play で手に入れよう AppStoreで入手
Puffin Web Browser Pro 有料版
Google Play で手に入れよう AppStoreで入手

(以下画像はAndroid版)

パフィンインストール

 

Puffinの起動

パフィンアイコン

初回起動時には案内が表示されます。気にせず進めて構いませんが、2ページ目の「画質の向上」というボタンは無視して「とりあえず使ってみる」を選択してください。

パフィン起動時

パフィン起動画面2

画質設定は便利ですが動作を確認してからのほうが安心です。

Flash Gameを実行する

遊びたいフラッシュゲームのページに移動すると、PCと同じように自動で動きます。

下の画像はAndroid版でヤフモバ黒猫のウィズPC版を開いたところ。

Android版パフィンで黒猫のウィズを表示
魔法使いと黒猫のウィズを開いたところ

うまく表示されない時は

うまくいかない時は右上のマークを押すと表示されるメニューの「設定」から

  • 「デスクトップサイトをリクエスト」にチェックを入れてみる
  • 「設定」→「データ量節約」→カスタマイズタブのオンデマンドのオンオフを設定を変更する

を試してください。「デスクトップサイト」にチェックを入れるとUA(User Agent)をPCに偽装した状態になるので、スマホ版のサイトを見たくなったらチェックを外してください。

ネットワークの確認

PuffinではFlashゲームは初期設定のままで実行・再生されるはずですが、もしかfのアイコンが出たままでウンともスンとも言わなければ、右上のマークからメニューを開き、「設定」→②の「ネットワーク診断」をしてみてください。

パフィンネットワークテスト

パフィンネットワークテスト

Puffinの設定いくつか

もっと詳しい説明はこちら。

 Puffin Web Browser のより詳しい使い方

パフィンではフラッシュプレイヤーを使う際に、手元端末に転送する画像の品質を変更することができます。

メニューの設定①より設定画面を開きます。

焼け石に水ですが、この設定を変えることで多少なりともデータ量を減らすことができるかもしれません。

パフィン画質設定

Puffin Web Browserを利用する上での注意点

上でも書いたようにデータの転送量が非常に多いので通信費には注意する必要があります。

すべてのアクセスにアメリカにあるサーバを経由するため、サービスを提供している運営会社からはアメリカからのアクセスとして認識されます。
通常とは異なる地域からのアクセスとみなされるため、不正なアクセスかどうかを確認するメールが届くこともあります。

サーバを経由するため、プライバシーと安全性の面で気になる人はいると思います。こればっかりは「プライバシーには配慮している、記録は残らない」という公式のアナウンスを信じるしかありません。
ただログイン時のIDとパスワードの送信に関しては、通常はhttpsという暗号が使われているので心配はありません。

もっと詳しい使い方
 パフィンの詳しい使い方

iOS版は新バージョンの Puffin Browser Lite が提供されています。App Store での規約の関係で従来のアプリの更新ができなくなったため、新規アプリとして登録されています。Liteのダウンロードはこちら
Puffin Web Browser 無料版
Google Play で手に入れよう AppStoreで入手
Puffin Web Browser Pro 有料版
Google Play で手に入れよう AppStoreで入手

同じ仕様で高速なWindows版 Puffin も2018年6月11日にリリースされています。

Puffin古めのPCでブラウザゲームが重いなら PC版『Puffin Browser』を試すべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です